アクセサリー作家       yuri☆    (東京都)


by yuri-yury
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おわかれ・・・(T_T)

昨日の夜中から午前中にかけてものすごい荒れ様でしたが
皆さん、大丈夫でしたでしょうか?


今日は中学の同級生の告別式でした(T_T)

去年の11月の記事に同窓会の記事をのせましたが
その時にふれた友人です。

T君とは去年卒業以来の再会。
当初同窓会は次男の試合の日だったので欠席の予定でした。
途中からの参加は、あまりにもブランクが空きすぎていたので
なかなか踏み切れなかったのです。

でも1週間前になり何となく懐かしくなった友人に連絡をしたところ、
T君の事情を聞かされました。

『T君に会いに行こう!!!』 
言うまでも無く決心を固め2次会の途中からの参加となりました。

昔話に花が咲き・・・
ほんのわずかでしたがT君との充実した時間。
『また来年の同窓会でね☆』
がっちり握手をして別れました。

4月にお花見会をしたとの情報で
T君も変わりなく(入退院をしていたそうですが)参加したようなので・・・

まさかこんなに早くお別れする事になるとは・・・


訃報の知らせに同級生達がたくさん駆けつけ、
亡くなる寸前まで親しい友人達は彼に付いていたとの話を聞きました。

あの時に 『残された時間はあとわずかだから』
・・・とあまりにもさらっと言う言葉に現実味を感じなかった私。
やっぱり本当だったのです。

自分の病気を受け入れ、最後までとても強く立ち向かったT君。
スヤスヤと寝ているような穏やかな顔でした。

告別式なのに何だか半年早まった同窓会のようで・・・
深い悲しみの中でもふとした微笑がでるような話も・・・。

『T君がまた幹事でこんなに集めちゃったんだね』


式場に向かう時はまだ多少荒れた天気でしたが
お見送りをする時にはキラッとまぶしい太陽が。

心残りはたくさんあるでしょうが強くまっすぐに生き抜いた
T君を導いているように感じました。

* T君、君がいたから楽しい中学生活でした。*
   辛い痛みからやっと開放されましたね。
   ゆ~っくり休んで下さい。
* 今までどうも有難う *

こんな言葉をかけてお別れしてきました。
[PR]
Commented by fusattie at 2008-05-21 23:11
辛い別れでしたね。
T君のご冥福お祈りいたします。
Commented by yuri-yury at 2008-05-22 22:33
fusattieさん。
暗い記事なのにコメント有難うございます。
一日も早く立ち直れるよう頑張ります。
Commented by bricolage at 2008-06-13 10:54
yuriさん、感慨深く、記事を拝見しました。
Tさん、きっと素敵なお友達だったんでしょうね。
謹んでご冥福をお祈り致します。
yuriさんもそうだと思いますが、最近、”死”について考えさせられる機会が多いです。痛ましい事件などの影響もあるのでしょうが、身じかな人の死は、受け入れ難く、怖いものですね。

早くお元気になれます様に。

つゆの

Commented by yuri-yury at 2008-06-17 01:13
つゆのさん。
お返事遅くなりごめんなさいm(__)m
まさか同じ年の友人が亡くなるなんて思いもしませんでした。
人生年齢からしたら本当に若すぎます。
中学時代、T君は学年のリーダーといっていい位の人でした。
最後に会った時にはとても心に残る言葉をもらったんですよ。
その言葉を思いながら毎日をすごしています。 
本当に最近は ”死” について考えさせられる機会が多いですね。

温かいコメント有難うございました(^^)
by yuri-yury | 2008-05-21 00:21 | 日々のこと | Comments(4)