アクセサリー作家       yuri☆    (東京都)


by yuri-yury
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

長男力作のまが玉☆

a0063050_22332239.jpg

21日から2泊3日で、長男が移動教室に行ってきました。
場所は群馬県榛名市です。
連日東京は微妙な天気だったので心配していましたが、
なんとか予定スケジュールをこなしてきたようです☆

今日帰る前に寄ってきた所 『かみつけの里』 で
ご覧のまが玉を作ってきました。

ろう石に形を書いて、やすりで削りながら仕上げていくそうです。
縦5センチ、横3センチ・・・思っていた以上に大きな出来にビックリ!!! 
もう少し小さければキーホルダーにでもというところですが~・・・
首に下げても重いし・・・(^_^;)
でも古墳時代の人はこれがアクセサリーだったんですよね。
残念ながら思い出の品どまりになりそうです。

みかんキャラメル、お菓子、梅干をお土産に
大きな荷物をかかえて無事帰宅しました。
気恥ずかしいんだか、第一声が
 『まあまあだったよ。』
・・・トホホですぅ~(-_-;)
本当は楽しかったんだよねっ!!!
そんなお年頃の長男でした~。 
[PR]
Commented by ko-ko-ro3 at 2006-06-23 23:12
移動教室?修学旅行とは違うのですか?
やすりで削って、勾玉にするなんて大変そうだけど
良くがんばったね~
こういうのって思い出になるよね・・
Commented by obje-na-book-box at 2006-06-24 04:57
まあまあだったよ・・・・ハハハ~^^・・・男の子・・・らしい・・・ですね^^
まが玉・・・5X3・・・このサイズに・・・にんまり^^
きっと・・・手のひらに乗せながら作ったので・・そのサイズになったのかしらね^^
Commented by kazue-no2 at 2006-06-24 07:53
そっけない言い方をするお年頃よねー。
yuriさん、意外と「そのしゃべり方、かわいい~」と思っているんじゃないの。
無事にご帰還、よかったね。それだけでも有難いです。物騒な社会ですから。
Commented by yuri-yury at 2006-06-24 17:18
ko-ko-roさん。
意味的には修学旅行と一緒なんです。
私の時代は『林間学校』・・・て言っていたんですよ。
もっとやすりをかけると、ツルツル状態になるんですって☆
Commented by yuri-yury at 2006-06-24 17:23
objenaさん。
市内どこの学校の子もこの大きさらしいです(^_^;)
確かに小さい方が削るのが難しいでしょうが、応用が利かないですね。
密かに何か手を加えて使えるモノにしてあげたいと思っていたのに
この大きさでは・・・。
はし置き???がいいところでしょうか~???
Commented by yuri-yury at 2006-06-24 17:30
kazueさん。
kazueさんもすでに経験済みですよね~。
かわいいなんてとんでもな~い(-_-;)
親としては楽しかった様子を聞きたいのにその態度はないでしょ~
・・・って感じですぅ~。・・・が・・・
本当に無事帰還でなによりでした☆

Commented by bricolage at 2006-06-27 08:49
へぇ〜まが玉を作ってきたんですね。
これは削りがいがありましたね。
yuriさんの血筋をひいているんですもの
手先が器用なのですね。
それと「まあまあだったよ」って、かわいいですね。
ウチもそうでしたが、良いですね、たまには親元を離れるのも。
なんだかまた一つたくましくなって帰って来たように思えますものね。

つゆの

by yuri-yury | 2006-06-23 22:33 | 日々のこと | Comments(7)